スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達の「ふるさとの風景」がこれか!

入二小から線路のガードに向かう道を見事に塞いだマンション。
通学する子ども達の「ふるさとの風景」に残っていくもの。
この景観を「是」とした方々はどう思われるのか?
image (1)
スポンサーサイト

6/1 第3回 大田区まちづくり政策フォーラム を開催します!

第3回 大田区まちづくり政策フォーラム
「大田区の景観条例・景観計画を活かしたまちづくりを考える」

6月1日(土)13 時20 分~ 16 時20 分
会場:入新井集会室(大森駅徒歩3 分Luz 大森4 階)

平成25 年4 月から大田区では景観条例が施行され、現在、具体的な地域にどのように反映させるかという景観計画がとりまとめられつつあります。この景観条例・計画は、私たちの暮らしにどのように影響するのか?生活環境の維持・向上にどのように活かすことができるのか?計画策定に携わられている東工大の中井先生をお招きして一緒に考えます。

・プログラム
1.趣旨説明
2.特別講演「景観をいかしたまちづくり~大田区景観条例と景観計画」
 東京工業大学大学院教授 中井 検裕 先生
3.ディスカッション「大田区景観条例・景観計画の活用方法」
(会場から集めた意見等をもとに議論をします)
 コメンテーター:中井 検裕 先生
 進行役:鵜飼修
4.まとめ

参加費:300 円(資料代)
定員:90 名
申込:当日会場にお越しください
問合せ:otaforum@gmail.com
主催:大田区まちづくり政策フォーラム(代表 鵜飼修(中央2 丁目在住))
以上

第2回大田区まちづくり政策フォーラムが開催されました!

P1190566s.jpgP1190568s.jpg
4月6日(土)19時~21時
池上会館にて「第2回大田区まちづくり政策フォーラム」が開催されました。
フォーラム代表による趣旨説明のあと、
池上本門寺執事長の野坂様より本門寺の歴史と景観について講話をいただき
続いて
景住ネットの小磯様より、マンション反対運動の戦略をご指南頂きました!
とても充実した内容で、みなさま終了後も意見交換をされていました!
この輪が広がっていくとうれしいですね!
次回のフォーラムは6月1日「景観の日」に開催予定です!

4/6 第2回 大田区まちづくり政策フォーラム@池上 開催!

第2回大田区まちづくり政策フォーラム@池上
第2回大田区まちづくり政策フォーラム@池上
寺町・池上の景観を守るために私たち区民にできることは何か?

近年、頻発するマンション建設問題。
歴史ある池上本門寺を望む寺町の景観をどうしたら守っていけるのか?
経験者の取り組みに学びながら、成功させるための方法を考えます。
1. 趣旨説明
2. 池上本門寺の歴史と景観
池上本門寺 執事長 野坂法雄 様
3. 大田区景観条例の概要
4. 景観保全の手法 ~他地域の事例報告
5. 景観を誇りとするための課題と方策
6. まとめ・提言
日時/2013年4月6日(土)19:00〜21:00
会場/池上会館 第一会議室 東急池上線池上駅徒歩8分
参加費/300円(資料代)
定員/100名
申込/当日会場にお越し下さい
主催/大田区まちづくり政策フォーラム 問合せ:otaforum@gmail.com

第1回大田区まちづくり政策フォーラムが開催されました!

大田区まちづくり政策フォーラム
第1回大田区まちづくり政策フォーラムが開催されました!大田区各地で生活環境を破壊するマンション建設に、如何にして対処していくのか。反省事例を踏まえながら、皆で知恵を出しあいました!ゲストの小磯さんからは、たくさんのエールをいただくと共に、大田区の陳情・請願におけるマンション問題等を私人間の問題として取り上げない規定はほかの地域ではありえないまったくおかしなものであることを改めてご指摘いただきました!第2回も開催しましょう!ということで盛会の内に終了しました!

大田区まちづくり政策フォーラム開催のお知らせ

大田区で生活住環境を守るために私たち区民にできることは何か (3)

山王の集会に参加しました!

モントレ山王の跡地開発について生活環境の保全を訴えているグループの会合に参加してきました。
陳情や請願では区は動かない
検討中の景観条例では高さ制限が規定されない
区議会議員が建設事業者関係の人間が多いのではないか
「大田区議会陳情審査除外基準」に(6)マンション紛争等私人間で解決すべき内容を含む陳情、とあるのは大田区ぐらい
などなど
活発な意見交換が行われました。

大田区という「まち」をどうしたいのか?
ハード的な取り組み、街並み、景観は末代まで影響するもの。
大田区及び区議会そして区民も、そういった側面に対する責任を持とうとしない。
そもそも目先の状況にとらわれ、経済優先の化石的な価値観しかない。
未来をみる力がない。
「地域力」が泣いてあきれる。
次世代に引き継ぐ、誇りを持てる地域にしようとは思わないのか?

ということで
街並みや生活環境を考えるシンポジウムの開催を検討していきたいと思います!
20121201.jpg

ピーエス三菱「工事関係車両と、工事関係者は作尻ガードの西側には出入りしない」ことを約束

先日の工事説明会で、「工事関係車両と、工事関係者は作尻ガードの西側には出入りしない」ことを約束させました!違反したら工事は即刻中止していただきます。

景観条例のパブコメ募集中!!

大田区の景観条例に関するパブリックコメントが募集されています!
皆で思いの丈をコメントしましょう!

大田区景観計画素案及び大田区景観条例素案への意見を募集
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/machizukuri/keikan/keikansoanikennbosyuu.html

■説明会について

日時及び会場
第1回 平成24年8月21日火曜日 午後2時から4時まで
     入新井特別出張所 4階 会議室
第2回 平成24年8月22日水曜日 午後2時から4時まで
     調布地域庁舎 1階 健診用多目的室
第3回 平成24年8月23日木曜日 午後2時から4時まで
     萩中集会所 地下1階 第1集会室
第4回 平成24年8月24日金曜日 午後2時から4時まで
     大田区役所本庁舎 2階 201・202会議室
第5回 平成24年8月24日金曜日 午後6時30分から8時30分
     大田区役所本庁舎 2階 201・202会議室
いずれも同じ内容です。
定員
各回先着30名程度
参加を希望される方は、当日会場へ直接お越しください。

■区民意見公募手続き(パブリックコメント)の実施について
閲覧及び募集期間
平成24年8月21日火曜日から平成24年9月10日月曜日まで(当日消印有効)

工事説明会の結果(一部)

8月8日19時から大田文化の森で開催された工事説明会に参加してきました。
・作尻ガードは工事関係車両は通行しない
・作尻ガード西には工事関係者は出入りしない。(公園・ポケットワークは利用しない)
以上は言質とれました。
あと詳細は記録を近隣世帯に配布するとのこと。
線路際40m、事故多発ガード脇の工事は無理があります。事故があってからでは取り返しつきませんよ。工事業者もかわいそうです。

8/8 19時~文化の森にて工事説明会が開催されます

工事説明会が8月8日(水)19時~ 大田文化の森にて開催されるとのチラシが配られていました。

大田区では景観条例策定に向けて審議がなされていますが
この素案のなかでは「鉄道沿線の景観」が挙げられています。
事業者は知っているのでしょうか?
p13_06kosshi_1.jpg

梅雨の合間

P1190331 (2)
梅雨の合間。アピール日より。
高さ40mとは普通の2階建て住宅の5倍の高さです。

大森における街並みを逸脱した高さのマンション計画に対する建設反対運動3つ

大森における街並みを逸脱した高さのマンション計画に対する建設反対運動3つ
事業者の倫理感と設計者のセンスが問われています!

P1190076 (2)

IMG_2360.jpg
IMG_2356.jpg

大田区への要望

大田区長 松原忠義殿

 去る5月29日(火)14時~16時 大田区役所本庁舎9階901会議室にて行われました、(株)グランイーグルによる「大森西1丁目46マンション計画」に係る大田区建築調整課よる「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」に基づく「あっせん」については、住民側の要望「建物高さを同計画地東側隣接マンションと同等程度に抑制した計画へ変更:上記事項に対する署名活動を実施したところ154名の署名(内2Hの範囲内67名(30世帯))が集まった。この事実は中高層条例に基づく周辺住民への説明が十分になされていない事を証明しており、この事実を重く受け止め、開発事業の見直しを求める。」について、事業者側は全く譲歩の姿勢も見せず、「不調」に終わりました。

 会議の途中、司会進行の区担当者から、建物の色彩等について地域住民と事業者が共同して考えることで、当方に譲歩するよう促されましたが、当方は論のすり替えとなると拒否し、あくまでも高さの抑制を求めました。そして、計画平面を変更して高さを抑制するようにも求めましたが、既に確認申請が下りている状態であることからも、事業者にはまったく譲歩する姿勢はみられませんでした。さらに、地域住民の立場に立とうともせず、154名の署名に関しては、他の案件で800人の署名をされても突っぱねた経験を語り、自身の経済活動を推進するにあたり法を守れば何をしてもよいという姿勢がありありとうかがえました。
 事業者側は、あっせんに応じるとのことで出席したと思われますが、全くの譲歩の姿勢を見せないと言うことは、当該あっせんが建設工事のための免罪符と捉えているのではないでしょうか。住民側を全く愚弄しており、形骸的な区役所の司会進行、指導とも怒りに耐えません。
 また、会議の席上で司会進行した区担当者が、当方提示した模型をみて「計画建物が周辺よりも高い」と発言したことは大きな問題です。
 これは、区担当者は当該計画が街並みとして不適切な高さであることを認識していたにもかかわらず、中高層条例に基づく手続きを進めたことを証明しており、当該マンション紛争の根本ではないでしょうか。
 そしてこのことは、「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」が、手続きとして意味をなしていないことであり、区担当者本人も発言しておりましたが、「条例の限界」を現しております。

 区担当者いわく、中高層条例に対する意見については、別途会合の機会を設けるとの発言ございましたので、「中高層条例の是正に関する協議の場」を設けていただくよう強く要望します。

 また、今回のような不適切な指導が、今後二度と起きないよう、条例改正にいたる期間中も事業者にも適切にご指導下さい。

以上
 地域住民を代表して 大田区中央2-22-13 鵜飼 修

大田区によるあっせんの様子について その1

「『大森西1丁目46マンション計画』の建物高さを隣接マンション程度に抑制する署名」にご協力いただきました皆様

大田区による「あっせん」集会結果のお知らせ

日頃お世話になりありがとうございます。

標記の件
5月29日(火)14時~16時 大田区役所本庁舎9階901会議室にて行われました、大田区建築調整課よる「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」に基づく「あっせん」については、当方の要望「建物高さを同計画地東側隣接マンションと同等程度に抑制した計画へ変更:上記事項に対する署名活動を実施したところ154名の署名(内2Hの範囲内67名(30世帯))が集まった。この事実は中高層条例に基づく周辺住民への説明が十分になされていない事を証明しており、この事実を重く受け止め、開発事業の見直しを求める。」について、事業者側は全く譲歩の姿勢も見せず、「不調」に終わりました。

会議の途中、司会進行の区担当者から、建物の色彩等について地域住民と事業者が共同して考えることで、当方に譲歩するよう促されましたが、当方は論のすり替えとなると拒否し、あくまでも高さの抑制を求めました。そして、計画平面を変更して高さを抑制するようにも求めましたが、既に確認申請が下りている状態であることからも、事業者にはまったく譲歩する姿勢はみられませんでした。さらに、地域住民の立場に立とうともせず、154名の署名に関しては、他の案件で800人の署名をされても突っぱねた経験を語り、自身の経済活動を推進するにあたり法を守れば何をしてもよいという姿勢がありありとうかがえました。

唯一の収穫といえば、会議の席上で司会進行した区担当者が、模型をみて「建物が高い」と発言したことです。このことは、「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」が、意味をなしていないことであり、区担当者本人も発言しておりましたが、「条例の限界」を現しております。この点につきましては、大田区に対し強く要望していくべきと考えます。

当該マンションは、現時点で資料請求の広告が配信されており、当該マンションの販売の見込みがあるのか、需要の調査中と思われます。したがいまして、この期に及んでは、当該マンションについて地域住民が反対していることを購入検討者にもきちんと認識してもらったうえで購入希望者に判断していただくことが必要かと思います。
以上

大田区によるあっせんは不調におわりました

昨日5月29日14時~16時に大田区役所にて開催されたあっせんは、住民側の要望に対し、事業者側は全く譲歩することなく折り合いが付かず「不調」に終わりました。取り急ぎご報告まで。

大田区による「あっせん」集会は5月29日になりました!

「『大森西1丁目46マンション計画』の建物高さを隣接マンション程度に抑制する署名」にご協力いただきました皆様

大田区による「あっせん」集会開催のお知らせ

日頃お世話になりありがとうございます。
この度は、標記署名にご協力賜りありがとうございました。
おかげさまをもちまして154名の皆様からご署名をいただく事ができました。ご署名いただきました皆様には厚く御礼申し上げます。

いただきました署名は、4月9日に大田区に提出(受け取りは秘書課担当)し、調停を行うよう申し入れて参りました。
その後、4月24日に大田区建築調整課より「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」に基づきあっせんを行うので、改めて指定の書類にて申し出るよう指導があり、世話人の皆様と協議し、署名いただきました皆様から、条例上対象となる、計画地敷地境界から計画建物の高さの2倍の範囲の30世帯67名の方々のお名前を転記し、5月1日付けで提出させていただきました。
その結果、大田区建築調整課より、当該マンションの計画事業者であるグランイーグルがあっせんに応じるとの連絡があり、集会の日程を調整させていただきましたところ、下記のとおり集会を開催する運びとなりました。

つきましては、上記の範囲に該当の皆様には、郵便にて本状および別紙出欠票を送付させていただき、ご出欠のご連絡をお願いする次第でございます。

昨年11月18日にお知らせ看板が設置されて以降、近隣の皆様におかれましては、当該事業者の計画および対応にはおおいに憤慨しておられる事かと存じます。今回は大田区の仲介による最初で最後の協議の機会となるかと思われますので、多くの皆様にご出席賜りたく、ご出欠をお知らせ下さい。

なお対象範囲外の皆様におかれましては、恐縮でございますが、引き続き掲示、ブログにて経過をご報告させていただきますのでご了承下さい。


「大森西1丁目46マンション計画」紛争調整申出書に基づくあっせん集会
日時:5月29日(火)14時~16時(10分前までに集合)
場所:大田区役所本庁舎9階901会議室
★別紙出欠票にて必ず出欠をお知らせ下さい。〆切:5月24日
以上

お問い合わせ先:大田区中央2-22-13 鵜飼修 連絡先0749-28-8502
ブログ http://machinamimamoru.blog.fc2.com/

建築調整課に紛争調整申出書を提出!

たくさんの署名をいただきましたが、大田区の担当者から紛争調整の手続き上、敷地境界から計画建物の高さの2倍の範囲の住民について大田区の書面で提出するよう指示されたので、書類を整えて提出し、受理されました。署名いただいた方々を地図上で確認しましたが、署名154名のうち67名30世帯の方々に署名に協力いただいておりました。皆様のご協力にあらためて御礼申し上げます!

大田区議会への陳情

大田区議会へ提出した陳情書。「大田区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」に対する事前説明のシステムの改善を求める陳情はなんと不採択!地域住民の生活環境を守る機能を果たしていないのは、署名活動からも明らかなのに・・・。区内における頻発する紛争の「予防」は住民を黙らせるのではなく、事業者に倫理感を持たせることでしょう。区議会議員の皆さんの再考を望みます。同じ思いの方は是非陳情しましょう!ちなみに景観については継続審議のようです。
IMG_2029.jpg

グランイーグルさん!153名の署名を大田区長に提出してきました!

グランイーグルさん!153名の署名が集まりました!大田区に提出してきました!署名の趣旨にご賛同いただきました皆様ありがとうございます!この署名をもって、大田区には調停を行うよう申し入れました!(受け取りは秘書課担当)

P1190207 (2)
カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。